FC2ブログ

記事一覧

編み機の修理

捨てるつもりで一階の玄関の前の収納庫に入れたままだった編み機
スクラップとし製鉄所に持っていく予定が夫が忘れていたのだったが、

使えたら使ってくれる人が出来た。

では、作動確認を、今日は咳も少ないので、

キャリジが重いガガガガとなってスムーズじゃない。
同じタイプの違う編み機のキャリジを付けて動かす、
動く問題ない、という事はキャリジだ。

人工知能と呼ばれる部分を手で動かす硬い動かない。
場所がわかったので分解する、
毛糸がすごくたくさん絡みついていた、これが原因だった。
フェルト状態で絡んでいるのをほどくにもバラバラの繊維になって少しづつしかほどけない、
その部分のボルトを緩めて徹底的に取り除いて注油する、軽く動くようになった。
編み機に取り付けて動かす、調子よくなりました。

次はゴム機を取り付けようとしたら、取り付ける部品が無い、他にも欠品が多くて使えない、
これは中古を買って届いてから一度も開けていなかった元箱に入ったままだったのでそろっていると思い込んでいました、
ゴム機のこの部品は今は手に入らないから、特にこの大きさの機械は出回らないので無理と判断、これこそスクラップ行です。

もっともゴム編み機を使うと言うのはかなり編める人です。
少しばかりの部分のゴム編みに使うのはかえって取り付けも操作も難しいので、よほどいろいろ編めるようにならない限り嫌気がさしてしまいます。
そう言えば編み物教室でゴム機を持っていたのは先生と私だけでした。
何年も通っている人さえ買おうとしませんでした。

リブ編み独特の模様を編みたい時以外普通のゴム編みならタッピでやった方が早くて楽ですから(笑)
仕事柄、ニッターをしていた時期等もあったので必要で持っていますが、出番はめったにないです。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roserose

Author:roserose
聴覚障害による身体障がい者です。
メニエールと言う病気の後遺症で難聴になり、
重度難聴用の補聴器使用でも聞き取りは困難で音は聞こえても言葉は不明瞭で会話が難しくなりました。
手話歴10年超 日常の大半は手話ができる人たちとの交流です。

月別アーカイブ