FC2ブログ

記事一覧

ミシンを買うときに知っていると良い事。

昨日、今日ミシンを購入するお客様のためにいろいろ調べて説明の準備をしていた、
その時に調べておいたことが、お客様が用意していた広告と見事にビンゴしました。
下調べしておいたので納得していただけました。

その内容の一部と、今までの経験などからいくつか取り上げます。

ミシンにはメーカの一般的なミシン店が大体どこでも扱っているミシンの他に、ある販売店独自の物「オリジナル商品」があります。
メーカーの名前が入っていても、メーカーが関知しないと言うものさえあります。
ミシンメーカーが、実際に自社工場で作る場合と、製造専門の会社が別にあって、そこに委託またはそこで作った品をメーカーを通して売っている場合があります。
色々なケースがあるのです。
誰々プロディ-スというのもあります。

例えば、ユ○ワヤで売っているミシンのいくつかに型番に「Y」が入っているのはそこのオリジナルです。
オリジナル商品は、書いてある定価もメーカーが付けるのではないようです。
あるミシンの大型店であるメーカー希望小売価格や定価が120000円ぐらいの値段が付いたミシンを50000円にと言われて喜んで買った友人が届いたミシンを前に、おかしいと気が付いて私を呼びました。
見てびっくり、それは誰が見ても10000円もしないコンパクトな電子ミシンでした。
その型番を調べてその店のオリジナル商品と判明、だからパンフレットに書かれた定価が幾らであっても、その店の言い値なのです。
その場合の定価有ってないようなもの、元々安い物を大幅値引きとうたってそれに飛びついてしまう消費者。
中には本当はオープン価格なのに定価と書いてあるものさえある、広告などにもそれがある、
先日のニュースで品物は何か忘れたが、広告にオープン価格の品を定価と書いて記載が間違っているとして摘発されたと言うのがあった。
不正はまだまだ多い、氷山の一角だと思う。
他でも大きい所ではそういう事があります、

評価を信じてはダメなものもあります、
例えば通○生活の勧めていた安価の山○ミシン、その本の中では、評判がいいとされている。
でも実際は、トラブルが多いです、使ってみてがっかりした人は多いです。
それなりでしかない、と言うのが私の感想ですが、比較することもなく、それに満足している人もいます。
でも私としては、値段と性能のバランスから、あれは絶対勧められないです。


ミシンは、全国どこにでもある型番のを買う方が安心です、いざというときにきちんと保証もあります。

また最近メーカーの保証意外に長期保証しますと言うのは疑問とからくりだらけです。

まず初期不良はメーカーで交換や修理が無料で受けられます。
数年たって初期不良(扱いにならない)を持ち込む人はいないですよね。
使っていての不具合は本体に異常がある場合はその保証期間中に気が付く、
それを過ぎてころに不具合は、使い方によってどこかが壊れた場合か、使い方が間違っているだけとか、
前者の場合、補償の対象外だからと修理代を請求される。
後者の場合、軽く診断して異常がなければ使い方のアドバイスを付けて返される。
保証されていると思い込んでいるが、ここまで読んだら気が付きましたね、何も特別な保証していません、
そしてめったに起こらない、そう簡単には壊れないですから。

元々安物のチープなミシンの場合長期保証はつけません、大丈夫なものにだけ付けられる場合があります。
他の店との競争で値引きには限界があるからそういう保証という餌で釣ります。

おとり商法で問題になって名前を変えた全国にある有名なミシン屋が、
以前は買ったミシンの金額に応じて割引券を発行していた、
買った金額に応じて5000円引き用、10000円引き用、有効期限は一年だった。
頻繁に友人を沢山連れて行ったりしていた私はその券を使ったが、
しかし考えてみてください、どんなに沢山気前よく発行しても、
ミシンってリピーターになって一年以内に次々と買うものですか?
普通は一つ買ったら、一生次のを買わないかも、買うとしても何年も経ってからですよね。

じゃんじゃん出しても使われない券、店の懐は痛まない。
私はお得意さんだったけどそういう人はめったにいないです。

買う前に調べるのは大切ですが、見落としがちな気づかない事を書いてみました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roserose

Author:roserose
聴覚障害による身体障がい者です。
メニエールと言う病気の後遺症で難聴になり、
重度難聴用の補聴器使用でも聞き取りは困難で音は聞こえても言葉は不明瞭で会話が難しくなりました。
手話歴10年超 日常の大半は手話ができる人たちとの交流です。

月別アーカイブ