FC2ブログ

記事一覧

和服の作り

大量の着物を整理中
これはもう着る事が無いと決めた、好みに合わない着物や頂いた物など。

だた捨ててしまうのはもったいない、
リサイクルショップに持っていても、しつけしたままの未着用品であっても、買い取られる金額はバカみたいに少ないと聞いているから、
リメイクに回そうと仕分けして、
一部解き始めた。

解いてみて、なるほど、着物の長い歴史の中で考え抜かれたその縫い方には凄い工夫があると
改めて感じる。
幅などが直せるように、仕立て直しがしやすいように、ほとんどの耳を断ち落さず縫いこんである。

面白い事に、表に出て見える縫い目が少ないから、まっすぐさえ縫えていれば、針目がそろっていなくても全く分からない。
きせをかけると言う縫い方がうまく縫い代のその縫い目を隠してくれるのだ。
どうしても見える部分だけ集中して綺麗な針目に仕上げればいい。

平面に仕上げて、立体に着付ける、その着方、角度など自由に出来る、
衿回りを、極力汚れないように密着させない着方も出来る。
衿の状態だけ見ても、きっちり、襟ぐりがあまりあかないように詰めて改まった雰囲気に着たり、ちょっと開きを広げて着たり、それだけでがらりと変わる。えもん・衿の後ろの開け方でもまるで違ってくる、
帯の幅、位置だけでもいろいろな表現が生まれる。
着物は奥が深い。

洋服との決定的な違いは、柄物と柄物を合わせて着て変にならない事。

今、ネット素材を使ってバッグインバッグなどの小物沢山作るために、綺麗目の布が欲しかった。
作るその一つ一つに使う部分はちょっとずつの面積だが、全体では大量に布が必要で、手持ちの布で其れに合いそうなものが無いから、買いに行こうかと考えてたが、
解いた着物を見て、その裏地(胴裏八掛)が使えると気が付いた、色合いも無難で丁度良い。
長襦袢のような模様のもある。要らない長じゅばんも解こうかな。
布にしてしまえば、違った表情が見えて、用途の幅も広まる。
少し前に使い道が無いと捨てた胴裏も、、早く気が付けばよかった。



追記

あれれ、 ウールと思って解いていたアンサンブル、なんか手触りが違う、
解いた布を燃やして確認、綿か、少しポリが入っている感じです、ウールじゃなければさらに用途が増える、背中心の縫い目を解いたら、左右の布に分かれるはずがなんと一枚だった、着物用の反物で作っていない。

この着物は、10年以上前に、娘にと遠い親戚からいただいた、お年寄りが縫ってくれたそうだが、娘は、好みじゃないし着る機会もなく、要らないと言っていた。
すでにこの真っ赤な格子の布が合う年でもないから解いたが、解くまで気が付かなかった。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roserose

Author:roserose
聴覚障害による身体障がい者です。
メニエールと言う病気の後遺症で難聴になり、
重度難聴用の補聴器使用でも聞き取りは困難で音は聞こえても言葉は不明瞭で会話が難しくなりました。
手話歴10年超 日常の大半は手話ができる人たちとの交流です。

月別アーカイブ