FC2ブログ

記事一覧

障害の自覚とのギャップ痛感

市の福祉課から来た手紙

「避難行動要支援者登録申請書兼同意書」

災害発生時の速やかな避難行動・・・

夫がいるし、避難場所はすぐ近くだから、私は支援は必要ないと思っていた。
「希望しない理由」という項目の
「自力で避難できるため」と言うところにチェックを入れて提出しようと考えていたが、

昨夜、信頼できる人に、とりあえず相談と言うか、こういうのが来たけれどと報告してみたら。

「ぜひ、提出してください、支援が必要と記入して」

え、なんで?と思ったが、

「いざと言うときが日中だったら、ご主人はいますか?
 (防災無線)放送は聞き取れますか?
 何が起きたのか正確に把握できますか?」と聞かれた
答えは、無理ですね。
玄関のインターフォンもチャイムも聞こえていない時が多々あるぐらいだから、
補聴器していても必ずしも大丈夫ではない、
市の放送もほとんど聞き取れません、
その前に放送されている事さえ気が付かない事の方が多い

そうか、私はそこまで、支援が必要になっていたんだ。

歩くのは10年ぐらい前と比べると、かなり歩けるようになったが、それは障害レベルではない。

聞こえないのは痛くもかゆくもない、と常々言っていた私だったが、
しかし、情報が把握できないのは、いざと言うときに命取りなんだった。

道路の端を歩いていてさえ、車に気が付かず、誰かに引っ張ってもらって助かったことが幾度あったか、
運転する人は、聞こえていない事は考えてもいないから、当然避けるものと思っている、
スピード落とすとしても、止まって等くれない。
触って初めて気が付いたこともある、クラクションだって、聞こえていない時があるし
聞こえたとしても、どっちからか自分に対してかも分からない、
そうか、そういうレベルだったんだ。

最近、私よりは聞こえる難聴の友人に言われた
「痛くもかゆくもないから、困らないっていうけど、ご主人とのコミュニケーションはきちんと取れているの?いろいろ聞くとそうじゃないでしょう、かなり困っているでしょう?」って
その時も、確かに、そうだったと思ったが、
不便と痛みや苦痛は別物だが、不自由ではある。

昔から、甘えるのが下手で何でも自分でやろうとする癖がある。
これで失敗も多い、
人より苦労する事やとんでもない事に遭遇する確率が高いのも、これが一因だったことがある。

「自分では無理ではないと思う事も、良く考えて判断して、頼る」という事が今後の課題かも。

夫に相談したとしても、ほとんど私の意見に同意してしまう人だから、正しい判断が出来ない、
こういう時に、経験や知識の豊富な人に相談するのは良いですね。

追記
緊急連絡先と言うのを二か所書く必要があるが、
電話番号と、住所を記入する、電話番号や、家の場所を知っていても、住所を知らない事に気が付いた、
メールで連絡先に記入しても構わないかと住所を聞いてみる。

続柄とか書くという事は、親族が良いのか?
遠くにいる娘とか、、どうなんだろう?

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roserose

Author:roserose
聴覚障害による身体障がい者です。
メニエールと言う病気の後遺症で難聴になり、
重度難聴用の補聴器使用でも聞き取りは困難で音は聞こえても言葉は不明瞭で会話が難しくなりました。
手話歴10年超 日常の大半は手話ができる人たちとの交流です。

月別アーカイブ