FC2ブログ

記事一覧

押さえについて

ベルニナを使っているとベルニナの押さえでも、国産のミシンの押さえでも使えるために、うっかり忘れていたことが起きました。
知人のミシンの押さえが付いてきたもの数点しかないので
気を利かせたつもりであまっている押さえをあげようとした。
用意したのは段差のときに楽に縫える用になっているもので、この仕組みのは昔はジャノメにしかなかったが、今はブラザーでもジューキで持ついてくるものです、
セットしようとしたら付けられない、ミシンはブラザーの物でその押さえはジャノメの物、段差のときに水平にするためのピンの部分が当たって付けられなかった∑(*☼_☉*)(
次に三巻きの押さえ、これは付いたから縫い始めたら中央に針が落ちるようにしてみたが、布が三巻きになった上ではなくて左側に針が落ちて織られた布は解けて三巻きが縫えませんでした。
これがベルニナなら針基線(針落ちの位置)が好きな位置に変えられるのですが、、
結局用意した二つとも使えない お粗末さまでしたという結果になりました。
あらためで、国産はこのての押さえはメーカー純正の押でなければならないと知らされました、
ベルニナは相関性が無いといっている人がいるが、、国産のメーカーのものの方が相関性が無いのである、、中には同じメーカーの品でも押さえのネジの高さが違うものさえある、、
だから付けられないタックなどのアタッチメントがあったりする。
統一して欲しいものだと思うのは私だけだろうか?、、
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roserose

Author:roserose
聴覚障害による身体障がい者です。
メニエールと言う病気の後遺症で難聴になり、
重度難聴用の補聴器使用でも聞き取りは困難で音は聞こえても言葉は不明瞭で会話が難しくなりました。
手話歴10年超 日常の大半は手話ができる人たちとの交流です。

月別アーカイブ