FC2ブログ

記事一覧

歯車がずれた

少しずつ、何かがずれた日

日曜日の追悼式の準備で、土曜日に受付のテーブルに掛ける布を持って行った。
追悼式と言っても、通常の物とはかなり違う、
線香などがあるわけじゃない、遺影が飾られもしない。
勿論お骨も会場には持ってこない、
故人をしのぶ話と、死に関する話だけ、
簡素だが心温まる集まりです。

テーブルの高さ大きさ幅等を考慮して
白い幅のある布が必要、
普通の布は1m弱の幅だから掛けるだけのシーンでは使えない。
幅のある、ニット類と遮光カーテンの反物をいくつか持って行って
私の一存で決めるのではなく係になっている人が選ぶ、
遮光カーテンの光沢のない面を使うことになって、カットして来た。
自宅に帰り荷物を降ろしていた時にお隣さんが、それは何と聞いたので
追悼式のテーブルに使う布を選ぶために持って行ったと説明した。
たまたま、布の見本用に他に持って行っていた幅の無いカットした見本を
何かに使いますかと差し上げた。
しかし数時間後、暗くなってから、
私は前日の夜中にお腹を壊してトイレの恋人状態だったので
寝不足もあって、疲れすぎてふらふらだった、
そんな時にチャイムが鳴った
誰だろうと立ち上がるもふらついて、玄関に向かう途中で
柱に思いっきり右足の小指をぶつけた、
「バキッツ!」と音がして激痛が走る、よろけながら玄関のドアを開けたら
お隣の人「これ要らない、告別式のでしょう」って、
違うのだが、
全く関係ない布だが、そう言って返してこられて、説明する必要もないから
受け取った、
何か、勘違いして取られたようだ、言葉が足りなかったのだろう私の、
そして足は腫れて痛くて、痛みを止める治療をして寝た、
次の日、日曜日、朝は足首全体の上から
凄い痛み、バンテリンを塗る、
湿布はアレルギーを起こすので使えない。
痛み止めも飲む。

そして追悼式に夫の運転で行く
始まる前に、健聴者Hに手話で、DVD制作の説明をした。
数日前からそれは少しずつDVD制作ソフトの話でしていた続きだったが

追悼式が終わってから聾者の一人Tが、私が手話でHと話している時に
聾者Tの事も話の流れで話した、悪い事を言っていたのではなく、
私がDVDを作る方法の説明をしなければならない時の流れで
その聾者Tの分も作っていると言う説明だったが、
それを見ていたらしい当人が、怒ってDVD使わないとか言い出した。
iPad の操作に慣れないでダウンロードしても見られないその人のために
使い慣れたDVDプレーヤーで見られるように作っていたのだが、、
それは毎週必要な勉強の内容の手話動画です。
最初何を怒ってるのか分からなかった、彼女はその日来た時から機嫌が悪くて入って来た、
私の手話を見たのはその40分ぐらい後だから、来た時の怒りの原因は知らない。
第三者で彼女を教える立場の人も交えて話し合うも、なぜ??だった。
第三者の人は、親切にしてもらっているのに失礼だ、誤解でしょう、謝りなさいと言ってくれたが
分かったと言いながら、謝ろうとしない、
何をそんなに怒っているか全く気が付かなかった、
疲れて思考回路ショート寸前だった私だから。

今朝、5時半ごろに目が覚めると同時に、分かった、
私がHに説明している時に、Hは聾者Iの為に作らねばならないが、Hが多忙なのと
どのソフトが良いか分からないので、最初は無料のソフトで作って、
そのソフトの説明をネットで見ても必要な部分の説明が詳しくなくて、失敗しながらも
分かったことを、印刷して渡していた、
今回有料の方でチャプターを付けて作れるようになったのでそれで作ってみたが
やっぱり説明書ダウンロードしても、分かりずらいから、使ってみてわかったのをまとめますと言ったが、その時にIのために作ってくれてありがとう、今度は自分で作れるようにしたいと言うから、Iの為だけではなくTと他の人も分も作っているから自分で出来るようになるまで気にしないでと言うようなことを話した、
それは全て、声と手話でやっていたので、
Tはそれを見て、自分の名前を見て、どこか勘違いして取って怒ったのだと分かった、
すぐにTに教えている人にメールした。
7時過ぎまで寝る予定がこれで目覚めてしまった。

夫はなぜか、私が忙しすぎたためか、機嫌が悪かった。
大声で何かを言う、そうすればするほど、私には聞こえないのでかえって混乱するのだが、
イライラしているのだけは伝わった。

一緒に出掛けても、手話がよくわからない夫は、私がそばにいないで、
聾者数人と、次々と話しているのを見て、イライラしたのかも
いつものパターンだったのだが、昨日はその頻度が大きかったから、
遠くから来た人がいっぱいいて、その人たちにあいさつに回っていて、
夫は誰かと話しているから放っておいたのが良くなかったのかな。

疲れがたまって、睡眠時間短く目ざめてしまって眠いが、荷物が来る予定だから寝られない。
洗濯をしたり、たけのこ湯がいたりしている。

原因が分かって、ホッとしたり、自分の言葉と配慮が足りなかったと反省したり。

そして過去に他の人からの言葉で気落ちして数年立ち直れないでいたことがあった。
こういう事か、と今更ながら思う、
今も、引っかかっているものがあるが、相手の性格を知っているから、
誤解を解こうとすればするほどドロドロになるのを恐れて物理的に距離を置いている。

人の感情のバロメーターは、人それぞれだから、同じものを持ち合わせていないのに
自分のバロメーターで測っても駄目だから、時間が過ぎるのを待つしかできない。
精いっぱい頑張っても、無意味な空回りになる事が多いから。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roserose

Author:roserose
聴覚障害による身体障がい者です。
メニエールと言う病気の後遺症で難聴になり、
重度難聴用の補聴器使用でも聞き取りは困難で音は聞こえても言葉は不明瞭で会話が難しくなりました。
手話歴10年超 日常の大半は手話ができる人たちとの交流です。

月別アーカイブ