FC2ブログ

記事一覧

どうしてこうなるの?

先ほどカニ鍋パーティーより帰ってきました。

終ってから色々話しているうちに別な部屋に案内されて
気が付いてしまった、、壁にウォールポケットが付いていてそれには沢山の定規類と刺繍枠が整理されていたが、、
洋裁、刺繍、機械編みをすると言う事を一目で判断出来ました。
簡潔に整理されて年季の入った定規類、
普通はそれを見ても何が何だか分からない物もあるだろうが、私にはどれも良く知っているものばかりですので、
「編み物するの?機械編み」と聞いてしまった、
「どうして分かるの?」と言われたので、「編みの物製図用のブラザーの半円の定規とシルバーの三角定規があるから」と答えたら驚かれた。
編み機使わなくなったと言うのでどのくらい使っていないのかを聞いたら数年という、ひょっとして使えないかもしれない、針を押さえる棒のスポンジがぺしゃんこになっていたら交換しないと使えないと言ったら知らなかったようで確かめてとたんすの横の奥から引っ張り出した。
見たらやっぱり完全に使用不可状態でした。
このまま動かしたら針が壊れることを伝えて部品の交換をする用にと言ったら、もう使わないからあげると言い出した。
全く同じ品を持っているのでいらないと断ったが、、、
結局預かって部品取り換えて欲しい人を探す約束をしてしまった。
オークションに出すなりする事になったが、説明書とパンチカードが無い、探してもらうことにしたが、出てくるだろうか、
編み機は預かって帰ってきた。

編み機に使う違う機種の古いニットレーダーなど幾つもあったので確認したら過去に幾つも使ったとのこと、編み機をこれに買い替えてからほとんど使っていないようです。
もったいないがしょうがないです。

ライティングデスクを開けるとミシンが入っている、下側も収納にしつらえてあってロックミシンと電動ミシンとコンピューターミシンがあった、アイロンもきちんと収納されている、何も出ていないが使う時に開いたデスク部分が作業代となるらしい。
隅々まで工夫が行き届いた住まいでした。
凄く収納が上手です、ご主人が色々作ってくださるそうで工夫されて使い勝手の良い物がたくさんあった、

私も頑張らなくてはと良い刺激を受けて来ました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roserose

Author:roserose
聴覚障害による身体障がい者です。
メニエールと言う病気の後遺症で難聴になり、
重度難聴用の補聴器使用でも聞き取りは困難で音は聞こえても言葉は不明瞭で会話が難しくなりました。
手話歴10年超 日常の大半は手話ができる人たちとの交流です。

月別アーカイブ