FC2ブログ

記事一覧

やわらか頭で

まず、ミシン事情改善中

暫く使っていなくて物置化しそうなミシンがある
仕事で縫う事が少なくなったことと、同じ機能の物が他にもあるから
場所を取るそれを手放したい
それは、工業用ロックミシン
売ると決めて、作動確認してみる、惚れ惚れするほど良いミシンだ~
だめだめ、ここで惚れ直したら手放せなくなる。

現時点で家庭用のロックミシン3台あるので、それさえ減らそうと計画中
場所をふさいでいるだけで昨年数回しか使っていないのは、もう無くてもいい
夫は、手放す事さえ面倒と考える人だから、
「そのままでいい」と言ったやっぱりね(いつもの事、笑)
でも、これは私の物で夫は触れる事さえない、だから自分で決めます。

そして、先日入手した縫希星は二―リフターが付いていて、その機能を最大限に使いたい
今載せているテーブルは昔のミシンメーカーの折り畳み式で多機能で
さらにミシンをしまう場所やアイロンまで収納できるテーブルですが、
その仕舞う場所があるために二―リフターが使える状態でミシンを置く位置が限られる。
これはかえって無駄になる、
もう一つのロックを載せている方も折り畳みのワゴンなのだが、同じようにミシンが入る大きさの部分が付いている、だから使い勝手は同じになる。
編み機のテーブル、同じものが3つあるのでそれを使うか、などと思案中
「ミシン専用テーブル」「編み機用」という名称にとらわれるのを止めよう。
使いやすければ何でもいいわけです。

そして、早まって手放して後悔しないように専用テーブルは違う使い方を考えよう。
実は手放して後悔した物も沢山ある。
今回もある筈と探したが見当たらない、たぶん誰かにあげたテーブル、
あれはぴったりだったろうにと、
随所で即決の性格が幸いしたり災いしたり、

仕事で縫う事は無くなっても、ボランティアでたまに縫う
自分の物や知人の物は縫う
だから全部を手放すことは出来ないが、必要最小限に減らしたい
他人の必要最小限と私の場合は違い過ぎるのだが、

昔の私は思い立つと、部屋の間取り図に合わせた縮小の家具のサイズの物を載せてシュミレーションしてから、
一気に模様替えしたものだった。
今それをしても、動かす力がかなり劣った。
考えただけで終わったり、、歳を重ねて変化したかな。

もう少し考えたりしよう。

肝心な事は、サイズだった、
高さはまあ妥協するとして椅子の高さで調整すればいいかと、
編み機のテーブルを広げて気が付いたのは、
縫希星のクリヤーテーブルの奥行きがかなりある、編み機のテーブルよりはるかに
そしてクリヤーテーブルのその脚、脚と脚の間隔が、ギリギリだった、
という事はちょっとの事で動けば落ちる。危ない。

という事で、編み機のテーブルは却下。
ピッタリの無いかな? 自作するとか、、試行錯誤は終われない
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roserose

Author:roserose
聴覚障害による身体障がい者です。
メニエールと言う病気の後遺症で難聴になり、
重度難聴用の補聴器使用でも聞き取りは困難で音は聞こえても言葉は不明瞭で会話が難しくなりました。
手話歴10年超 日常の大半は手話ができる人たちとの交流です。

月別アーカイブ