FC2ブログ

記事一覧

編み機不調

せっかく新しい毛糸でゲージを取りはじめたのに、

考えて見れば今回時々変で編み直す事が数度あったが、
何だか変と思っていたが

レースキャリジがおかしいのです。
自分で直せる部分ではないです。

段々おかしい頻度が増えてきたので、無理と判断して
マイコン編み機の方で専用のレースキャリジを使う事にしました。

パンチカードが沢山あるから使いたかったのですが、
その編み機でレースが出来ないとなると持っている意味がなくなりそうです。
他の編み方なら簡単に模様をマイコン用のカードに書き写して出来ます。
レースも書き写せば良いわけですが、
パンチカードはブラザーと共有して使いたかったのです。
レースキャリジを修理に出すか、どうするか、、

そう言えば数ヶ月前にマイコンのキャリジを修理に出したのでした。

パンチカード用のレースキャリジ30975円を(私がもっている古いカタログを見ると9000円値上がりしている)
ちなみにマイコンのレースキャリジは46,200円これも値上がりしていました。
そして、不思議なことに15年前のカタログは現行品と同じ型番のマイコン式の編み機が149000円が一度値下がりして128000円になって、昨年138000円になった、(税込み144,900円) 高かった時に買った私は釈然としないです(笑)
そしてこれだけではマイコンで編めません、コントローラー126,000円が必要です。

マイコン編み機の出始めは編み機本体にこの部分が付いていました。
でもその頃にはレースは出来なかったのでパンチカード式のレース専用機を別に持っていました。

私は、ミシンだけではなく、編み機も色々所有しています。
かなり減らしたつもりでも、ゴム編み機も入れて現在8台、、
これもさらに減らした方が良いのかも、
出番は少なくなっているから、

ひさししぶりにオークションで探して見たが、レースキャリジ時々出ていたのに捜す時には出ていない、、
慌てずに待つか、、、

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roserose

Author:roserose
聴覚障害による身体障がい者です。
メニエールと言う病気の後遺症で難聴になり、
重度難聴用の補聴器使用でも聞き取りは困難で音は聞こえても言葉は不明瞭で会話が難しくなりました。
手話歴10年超 日常の大半は手話ができる人たちとの交流です。

月別アーカイブ