FC2ブログ

記事一覧

辞任されても、解決にならないですね。

■桐生一高校長が辞任、野球部員の強制わいせつ事件などで
(読売新聞 - 08月23日 20:35)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=586398&media_id=20


辛口です、耳が痛いと思う人はスルーして下さい。


基本の家庭でのしつけが出来ていなくて問題が起きて先生や関係者が辞任、、
何だか矛先が間違っていますよね。

攻められるべきは当人とそれを育てた親です。
教育もしつけも学校に丸投げしている親が多すぎて怒りを覚えます。

病院の待合室やデパートやスーパーで見かける小さな子供とその親を見ていても、
親は何を教えて良いのか分からないでいるのを感じます。

基本的な事も教えられないでいます。

自分はどうだったか振り返って見ても、当事でさえ他所の親よりはるかに厳しく事細かにしつけて来ました。
小さくてもきちんと話せばわかります、小さいからと言ってしたい放題にさせたらいざしつけ用と言う時には反抗します、言葉を覚えるのとしつけされるのは同時進行で良いのです。
終始一貫して教え込まなければ取り返しが付かなくなります。
子供のために数年目を離さないでしつけをすれば、その後は自分で判断出来るようになるので、時々話し合う程度で良くなります。
親が自分のしたい事で頭がいっぱいで衣食住の世話だけで精神の教育を怠れば、蒔いていない物を刈り取れるはずはないです。
良い種を心にしっかり蒔かないで期待するのは無理でしょう。
良い種を蒔いても必ずしも良く育つわけ出はないですから、なおさら、悪く育つ要素が多い今の世の中で蒔かぬ芽を期待するのは無理でしょう。
しつけという教育は親がする物です。
叱ったり怒ることではなくて、心のあり方を、ものの考え方を教えるのがしつけだと思います。
それによって善悪の判断が出来る人になって行くのです。

何かを履き違えている世の中だからしつけと言って折檻する馬鹿な親もいるのです。
しつけの仕方が分からない、しつけられずに育った大人ですね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roserose

Author:roserose
聴覚障害による身体障がい者です。
メニエールと言う病気の後遺症で難聴になり、
重度難聴用の補聴器使用でも聞き取りは困難で音は聞こえても言葉は不明瞭で会話が難しくなりました。
手話歴10年超 日常の大半は手話ができる人たちとの交流です。

月別アーカイブ