FC2ブログ

記事一覧

いたずらと身勝手の損害

突然思いついたので、

回想録です。

前の家にいた30年間いろいろとありましたので少し書いて見ます。

実は今ある まな板に関する所を見ていて思い出したことがあって、芋弦式にいろんな記憶がよみがえりました。


まな板、家を建てた大工さんがヒノキの板でまな板を作ってくれたそうです。
私が嫁いで着た時にそれはありました、刃あたりが良くて使いやすくて
痛んだら削ってくれると言われて、きちんと風に当てたり干したりして使っていましたが。
ある日いつものように日当たりの良いエアコンの室外機の上に干していて、取り込もうとしたら中央が縦に濡れていました。
酷いアンモニア臭、近くにいた子が教えてくれました、「あのお兄ちゃんがオシッコかけたよ」
いたずらっ子の被害でした、
もちろんそれは破棄しました。それから私の使い良いまな板を求めてのまな板ジプシーは続いています。

道路に面した部屋でミシンを踏んでいると「カーン、カーン」と何かがぶつかる音、窓をあけて見たら、
我が家の敷地内にある電柱に野球のボールをバットで当てている子供、
「上手ね~、でも電柱に当たらなかったらどうなるかしら?ここでは止めてね」と言った日は素直に止めてくれました。
しかしその数日後、仕事をしようとミシンの有る部屋に行ったら、窓ガラスが無い!
粉々に砕けてミシンテーブルと床に散乱していました。

ガラスを片付けるのも大変でした、いろいろな道具やの糸棚など全てを点検してガラスを取り除く、
そして当時子供がいた向かいの家の奥様が驚いて見ていたので、事情を話して見ました。
その方が子供達に聞いてやった子供を探してくれました、
大きな子が野球のボールを電柱に当てているのを真似しようとしてコントロールも出来ないのにやったそうです、
小学1年の男の子でした。
我が家はすぐにガラス屋さんに来てもらってガラスを入れましたが、
同じ物が無いと言う事で左右の模様が違うガラスになりました。
割った男のこの母親が謝りに来ましたイチゴを2パック持って、、
弁償するつもりは無いようです、、
弁償してくれるなら一枚分を頂いて両方のガラスを同じ物にするつもりでしたが、、不揃いで終りました。

庭で遊ぶ子供のおもちゃが頻繁に無くなりました、
数年後親戚の年上の子が遠くの畑でうちのこの名前が書かれた一輪車の荷物を運ぶ物を見つけて届けてくれました。
次々となくなった中で唯一見つかった物です。
全てに住所と名前を書いていましたが、無視して我が物顔で持って行く子供が多かったです。

家の裏の路地に面した部屋でミシンをかけていた時(あちこちの部屋にミシンが置いて有るので、
外がオレンジ色 衝撃 驚いて窓を開けたら火が燃え上がっていた、すぐにバケツに水を入れて外に行って消火しました。

雪で作ったカマクラの中に新聞紙とサツマイモが、、そのカマクラは我が家のフェンスに雪を当てて作られていて
向こうからは雪下覆われて入り口が開いているが、フェンス側に雪は無い、、
隣の子供に問いただしたら、焼き芋を作りたかったというが、新聞1日分ぐらいの量で芋4,5本が焼けるわけが無い!
共働きでしたい放題に悪さをしたりしていた歳の離れた男の子二人、親は超甘くてしつけなどはしない人でした。
フェンスの下の大谷石はその時の火ですすけたまま、、
そしてその兄弟がフェンスの上を歩いてガタガタにしてゆるんだ所を引き抜くと言う悪さを繰り返してボロボロにされました。
その家が借金で家を手放して引っ越して買い取った所が更地にして家を建てて売る時に
我が家のフェンスの事情を聞いたらしく「迷惑をかけていたようなのでフェンスを全部取り換えます」と言って直してくれました。

我が家には一時期ゴミ収集場所が遠かった事もあって焼却炉がありましたが、
近所の迷惑を考えて洗濯物を取り込んだり雨戸を締めた後の夕方にしか火をつけないことにしていました。
付いていて見て終れば水をかけて消火していました。

所がこれに目を付けた近所の奥様たちが次々に日中来て「使わせてね」と言い出す、
「火は夕方付けるので今は燃やさないでください」と言ったのに勝手に火をつけて行ってしまう、
燃えたすすなどが斜め隣の家に飛んで行って迷惑をかけました、何度言っても、段々に断りもしないで勝手に燃やしています。
主人と相談して使わせないために取り壊しました。

「何で処分したの、便利だったのに」と勝手ないい分で文句を言う始末です。

本当に困っているのは私でしたが、、その頃低血圧症と貧血で病院通いをしていた私は
ゴミだしに行く時間に起きる事が難しかったのです、
遠いし、主人が仕事に行く明け方に起こしてもらい手伝ってもらってゴミを出してまた寝ると言う事もありました、
起こされても動けない事もあり来週までゴミを出せない事もありました。

他にも沢山困った嫌な事が思い出されますが、、

その最たる物は、私が耳が聞こえにくくなった事に結びつく事ですが、
原因を作った人はそうとは知らずに大勢の前で私が恥をかくような事を大声で言いました
「何で、耳が聞こえ無くなったのよ!」と
『本当の事を言ったらあなたが恥をかくのよ』と思ったが、言いませんでした。
未だに知らないでいますが、、言った所で人の痛みが理解出来ない意地悪な人が反省などしませんから、
その後のその人とその家族の生き方を見て、あの時にはっきり言わなくて良かったと思っています。

全て反面教師としてわが身を正して行こうと思って来ました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roserose

Author:roserose
聴覚障害による身体障がい者です。
メニエールと言う病気の後遺症で難聴になり、
重度難聴用の補聴器使用でも聞き取りは困難で音は聞こえても言葉は不明瞭で会話が難しくなりました。
手話歴10年超 日常の大半は手話ができる人たちとの交流です。

月別アーカイブ