FC2ブログ

記事一覧

開けてみるまでドキドキな仕事

先月終わったはずの仕事が
クレーム?

元々ちょっときつい物言いをする取引先の担当者から数日前に電話があった。
長さが凸凹で、やり直してもらいます。
今日送ります、と言う、、そんな馬鹿な!
とりあえず送ってもらうことにした
所が次の日に荷物が届かない、そしてFAXが来た、昨日送りませんでしたと書いてある。
その後何時までたっても来ない、おかしいと思っていたら、以前そこの勤めていた人から一昨日電話が来た、
「携帯に何度もかけているが、電話に出る事が出来ませんと言うメッセージが流れている」という、
だって運転してあちこちに行っていたからドライブモードにしていましたよ。
「私の所にお直しのドレスが来ているから説明するので来て頂戴」と言うから、
その時点で「今からすぐに行きます」と言ったら、「もう私の方が今日は都合付かないから、明日来て」と言う、
「明日は日中は大工さんが来たり夕方から夜10時過ぎまでも出かける所があるので無理です」と言ったら「じゃあ木曜日の午前中に来て下さい」と言う。
正直ドーンと奈落のそこに付き落とされたような感じで今日を迎えました。
今日車を運転し始めて「そうだ、切った残り布は取ってある」と気が付いて戻りました、その布を持って行って見ました
「あなたは全く悪くないのよ、言い方がきつい人だから心配したでしょう」
言われた通りに仕上げたドレスの丈ツメでしたが、
時間もなかったので指示された寸法をきっちりロータリーカッターで出来上がりより1cm少なく切り取って、ロックで出来上がりに合わせた余分な分をたち落としながらかけたり、ジグザグの三ツ巻は柔らかいジョーゼットをその1cmを芯になるように巻きながら縫ったり、それぞれの縫い方に合わせて仕上げたのですが、、
元々バランスの悪い凸凹の丈になっていたようです、お店で同じ商品も確認してそれが分かたそうです。場所によっては7cmも違う、今度は丁寧に全てに糸印がしてありました。
「やり直しだけれどミスではないので、もう一度この分を請求してください」と言う事でした。

いつもはこう言う事も想定してお店からは一部だけ印してくるから、ボディに着せて、印の部分の床上がりを測ってそれに合わせてカットしていました。
今回それをしなかったのです。
いつもと印の仕方も違って何箇所もしつけで仕上がりのラインが分かるようになって全て同寸で印は付いていた事と、
書いてある寸法の通りに詰めて下さいと大きく強調して書いてあったので余計なことはしない方が良いだろうと思ったのです。
着る人の体系によってはボディの床上りとは限らないから
今回の電話の前にもこの品は私が触っていない部分の事で凄い剣幕で電話が有って、それだけでも疲れたのに、、、

お客さんは私より凹んでいるのではと思ってしまいましたがそうでも無いとの事、
こう言う仕事は、直に見てやり取りして預かるのが一番安心です、
良く分からない人が受け付けて印しや指示してきたりするとこう言う事が起きます。
遠すぎて毎回駆けつけるのは難しいが、行こうと思えば行ける、浅草橋までだが、、

「『こんな繰り返しでまやさんにもう辞めますって言われたらどうするの』と怒って来ましたよ」と言ってくれたが、
「仕事する人は幾らでもいるでしょうから」と言ってみたら「あなたでなければ駄目なのよ」と言う、
これは幾通りにも取れます(笑)
何を言われても無理難題でも安い料金で引き受ける都合の良い人とか、、

そしてその人個人のおまけ(たぶん)の仕事もいくつか追加されました。

正直言って今抱えている仕事の合間にするのだから増やして欲しくなかったのだが、、気を使ってくれたのだと思います。

見えない所の仕事はリスクが大きいと痛切に思いました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roserose

Author:roserose
聴覚障害による身体障がい者です。
メニエールと言う病気の後遺症で難聴になり、
重度難聴用の補聴器使用でも聞き取りは困難で音は聞こえても言葉は不明瞭で会話が難しくなりました。
手話歴10年超 日常の大半は手話ができる人たちとの交流です。

月別アーカイブ