FC2ブログ

記事一覧

またまたまた、今年最後の・・

先ほど、夜の10時半過ぎに、、電話があって

先日のロックミシンの友人、
また糸が何度やっても切れてしまって縫えない(T_T)と電話がかかって来ました。
すぐに飛んで行って、見たら、何度も言っている所です。
言われた事を忘れてしまっている、、、

そしてちゃんとかけて縫う、、縫い目が非常に細かい、、
先回曲がっていた部分を治した押えを取り外しする部分、治したが手で動かさないと押えを挟まなくなっていた、
その部分を外してドライバーで少しずつ微妙な曲がりを修正したらちゃんと一人で戻るようになった。

細かい縫い目を修正して通常の縫い目にしました。
さらに、上メスが動かなかったのも先回タップリ油を注して置いたおいたのが良かったようで、動くようになりました。
目が詰まってしまうのはカムの所のボタンを押してはずみ車に表示されている数字をみて調整するのですが、最大にしても布送りがおかしい、送り歯が下がっていた、それを直してもまだおかしい、カムのボタンを押しながらはずみ車を一週してやっとまともになったが、書かれている数字の所とは少し違っている、数字より縫い目の現実重視で、
メスの移動はネジでさせる古いタイプです、そのメスの移動をした事が無かったそうです。
説明書もすでに無いと言う、私もこれの説明書手放したばかりですので手元にない、でも使い方は完璧に分かる。
知人同士で私の預けてある物と交換するように行って置いたが、まだ交換していなかった。
問題があった部分が全て直った今交換の必要はなくなった。
もう一つ、針がバリが酷くてルーバーと接触してか時々酷い音がして動かなかった。
針交換でクリアーしました。

先回は私のミシンと交換する事にしたから、修理代は貰いませんでした。今回は修理や調整の代金を払わせてと言うので、相場を知らないだろうから、ミシンのメーカーの値段表から確認してもらって、そのうえでほんの気持ちだけで良いですよと言った、PCから見て「こんなにするの!」と驚いていました(笑)。
そしてきもちだけ下さいました。
さらに帰りにお餅のお土産まで、丸いお餅でした、そうか彼女は四国の人だった。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roserose

Author:roserose
聴覚障害による身体障がい者です。
メニエールと言う病気の後遺症で難聴になり、
重度難聴用の補聴器使用でも聞き取りは困難で音は聞こえても言葉は不明瞭で会話が難しくなりました。
手話歴10年超 日常の大半は手話ができる人たちとの交流です。

月別アーカイブ