FC2ブログ

記事一覧

限界がある

留守番の女児 5階から転落死
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=709634&media_id=4

色々親を攻めた内容を書いている人がいるが、たぶん子育ての経験が無いから言えるのだと思う。

全時間、片時も目を離さないで見ていると言う事は不可能です。

例え同じ部屋の中にいてもそれこそ「ちょっと目を離したすきに」子供は考えも及ばない事をしたりします。
それが危険だったりもあるのです、大半は、たいした事が無い場合が多い為に気にも止めないですが、、

子供が寝ているはずの時に洗濯物を干したり、台所仕事をしますよね、普通、
留守にしなくても、そう言う時にだって何がおきるかわからないのです。
知恵が付いてくるとどんどん凄い事をします。

我が子の記憶を少し
2階が寝室でした、その部屋のベランダに出る窓は少し高いのでよちよち歩きの子供には出られません、下に降りる階段はガードして勝手に降りられ無い様にしていた時期、ある日広くある屋根の上にも布団を干そうと床から80cm位の高さにある窓から屋根に出て驚きました。
小さな子供の足跡がびっしり付いていて、それは屋根の端の方に行って縁を一周して戻っているのです。10cm足らずの小さな足跡です。
ぞーっとしました。
そこにいる時に見つけたらそれを見て私か他所の誰かが悲鳴を上げたり騒いだら驚いて落ちたかもしれません。
かえって誰も気が付かなくて良かったと思いました、屋根から部屋には屋根の三角の高い所が窓の位置なので簡単に入れます、部屋からどうやって出たのか不明です。

他には、置き薬の箱を衣の手が届かない180cmのタンスの上に置いていました、寝た子供の様子を見に行ったら、口の回りにオレンジ色が付いていてオレンジの香りがしていました、そんなものを食べさせた覚えが無い、それを舐めてオレンジジュースの粉のような、、家に無いはずと考えて見たら子供風邪薬だと気が付きました、隣の部屋に行って見たら、雑技団のように積み重ねられた小さな椅子がTVの前とTVの上に、そして床には薬箱が開けられて子供風邪薬の袋が切らないでそのまま上から噛んだ歯型が付いてべちょべちょになっていました、新しい一箱全てが、、
ぐっすり寝ている子供を吐かせようはようか、どうしたら良いのか困って病院に電話で相談しました。
置き薬で子供用なら強くは無いから大丈夫との事、異変が見られたら連れて来るようにと、何事も無くすやすや寝て次の日も元気でした。
それ以来鍵のかかる薬箱を買って鍵をかけていました。

高いテーブルの上にあった灰皿のタバコを食べてしまって、
すぐに気が付いて手で取れるだけ取ったが、もともとどれだけあったか分からないので病院に連れて行って胃洗浄されました。

3歳位の時には近所で遊んでいてそこのおばさんに話しかけていてバランスを崩して縁側から落ちて脇にあった水道に頭をぶつけて切れて大出血と言う事もありました、縫ってきたその日に私と夫に手を繋がれて買い物をしていたらつまずいて転んで縫った所から血が滲んで慌ててまた病院に行きました、大事にはいたりませんでしたが、子供は頭が大きいからバランスを崩しやすいです。

はいはいしていた時も網戸を倒して編戸の上まではいはいしてい戸の倒れた音で駆けつけた親を見てニコニコしていました。

予想外の行動を取るのが子供です、見張っていても起きます。

何事も起こさずに育つ子供もいます、我が子のように次々とハチャメチャにいろいろやる子もいます。

ハラハラし通しでした、死急ぐように見えるほど、だから物心が着く前からしつけは凄く厳しかったです。
当時「このまま育ったら末は女番長かも」と思ったので、厳しく正しい事を教えこみ、結果は正義感が強く堅物になってしまった、
幸い無事に育ったが、、、

こんな子供が何人もいたら私が壊れそうでした、一人っ子で終った理由の一つでもあった。

何時何が起きても不思議ではない、
例え親がそばにいてもいなくても、


亡くなった子の親の悲しみと苦しみ、報道された事によるバッシング
辛いと思います。

子供を失った親は、その思い出だけでも生きられるといいますが、、

子育てして見れば、綺麗事や理想だけではない現実に遭遇します。
そして親は、付きっきりで一秒も目を離さないでいる事は不可能です。
沢山の警護を雇えれば別でしょうが、、
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roserose

Author:roserose
聴覚障害による身体障がい者です。
メニエールと言う病気の後遺症で難聴になり、
重度難聴用の補聴器使用でも聞き取りは困難で音は聞こえても言葉は不明瞭で会話が難しくなりました。
手話歴10年超 日常の大半は手話ができる人たちとの交流です。

月別アーカイブ