FC2ブログ

記事一覧

経験、いろいろあるが

「動画に写っていたのは弊社の社員でした」 配達物たたきつけ動画騒動で佐川急便が陳謝のニュースの関連して

全ての佐川急便の人が悪いわけじゃない、

実は、過去にネットで販売したミシンが、試し縫だけして返品されたことがあった。
それ自体、はっきり言って、その人の行動自体がありえなかったが、
仕方ない。
そのまま送ってもらうにあたって、向こうで佐川急便の人を呼んで、二重に梱包してもらって送って来たが、
何と、ミシンに青い色がついている、説明書の色だったが、入れただけでは絶対色はつかない。
よく見るとこすれている。
箱そのものが、前面の上が凹んでいた。

写真を撮り、その画像を送った相手に見せた。
「そんなはずはない」と言う、
どう見ても途中で落下している、

すぐに我が家にいつも運んでくる佐川急便の担当者に連絡して
梱包した営業所の方にも問い合わせてもらって、明らかにその状態がおかしいとなった。

すぐに対処して、同じ品を買って弁償してくれた。

これは当時佐川急便と私のショップの荷物を送るために契約していたから迅速だった。

しかし当時から、ショップのお客様の中には送料高くなってもいいから
佐川急便ではない所で送ってと言って来た人が結構いらした。
評判が良くなかった。

私が当時佐川急便を使っていたのは、頻繁に荷物が配達される家という事で、
大和と佐川が鉢合わせすることも多かった、
契約ではなく、両方から送り状を頂いて、集荷してもらっていたのだったが、
佐川急便の人から、契約してくださいと言われて安い値段表を渡された、
実際その頃は布も売っていたために、みかん箱からそれより大きい箱で毎日数個の荷物を発送していた、
縫う方のメーカーと契約している発送も別にあって、いつも集荷待ちの段ボールが積んである家だった。

たまたまその声を掛けてくれた人は佐川急便の担当区域の上の方の人だった、
担当者が変わったら、誰が契約をした人か聞かれて「Wさん」ですと言うと、
顔色が変わって、携帯で値段の確認取って、そのうち確認しないで、どんどん安い値段を付ける
このサイズでその値段で本当に良いんでしょうかと言いたくなるほど、
あいまいでも時によって違うのも困る、先にお客様から送料頂くので、
それで新たに値段表を作ってもらった。

最初はヤマトさんの我が家に配達する人と集荷の人は違っていたが、配達の人が、売る物もいろいろチラシを持って来てしつこかった、
仕方なくラーメンなど買ったことがあった。
しばらくしたら集荷も、配達していた人になった。
ある時、娘が19歳の時、休みで家にいた時に、二階にいて、何か音がすると一階に降りて来て見てしまった。
リビングの掃き出し窓のサッシと和室のサッシを開けようとガタガタ弄っていたと言う、
「お母さんの車が無くて出掛けているのを知っていて開けようとするのは怪しすぎるでしょう」って言った。
その時「何ですか」と言いたかったが、一人なので怖いから、相手が自分に気づいていないから、隠れていたと言う。
確かに、集荷の金額は決まっていて、インタホンが聞き取れないから、ミシンを踏んでいる時はなおさらなので、決めた金額を決めた場所の入れ物に入れて置いていた、
そこに集荷の控えの伝票を入れてもらうと言う約束で、
佐川もヤマトも同じようにしていた。
居ないはずの時にサッシを開けようとするのはどうして?

その時から怖くなって、ヤマトに集荷依頼するのは辞めた、大和で荷物を送る時は面倒でも営業所に持ち込んだ、出来るだけその人の来る回数を減らそうと。

この経験から、どこの宅配だから悪いとかではなく、どこの会社であっても、働いている人個人が悪い行動をとれば、その会社が悪いと言われてしまう。

社員教育がと言う以前の問題である。
社員教育されたから真面目に心入れ替えると言うものでもないだろう
悪い人材を雇ってしまったという事で、会社も被害者だと思う。

引っ越して市が変わって、管轄の業所も変わって、
佐川急便のあの時の値段は極端すぎて、こっちの営業所の区域の担当者にその値段票と実際の送り状の大量にある控えを見せて驚かれた、「その値段は無理です」と言われた、
やっぱりと思った、さらにあの頃の様に大量に発送はしないから、こっちでは2年ぐらい佐川を使って、
途中で西濃の配達員から言われて、西濃運輸に替えた。
今年に入って、西濃運輸の値段表が変更になり値上がり、品物の大きさと、他社の値段と比べて使い分けています。
ヤマトは相変わらず営業所に持ち込みをする。営業所は近くにあるので。

個人がいっぱい集まって、グループになり、会社として見られる。会社の看板背負っている。
自分の行動に責任持ってほしいですよね。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

roserose

Author:roserose
聴覚障害による身体障がい者です。
メニエールと言う病気の後遺症で難聴になり、
重度難聴用の補聴器使用でも聞き取りは困難で音は聞こえても言葉は不明瞭で会話が難しくなりました。
手話歴10年超 日常の大半は手話ができる人たちとの交流です。

月別アーカイブ